タートルの甲羅:伊豆大仁・城山奮闘記

伊豆大仁♨️城山⛰近郊をメインに、たまには小川山や城ヶ崎で、クライミングをしていた時の忘却録

MENU

伊豆大仁・城山南壁でバトルランナー (5.10a) を2ピッチ目まで登ってみた ( v ̄▽ ̄)♪

Jho-Yama nanpeki 2011Oct16 1

本日は伊豆城山・南壁日和です (´0ノ`*) 写真を見る限りでは ヾ(  ̄▽)ゞ

金曜日は夕方だったかなぁ?が降っていました。土曜日も朝方は激しい & 風でした。日曜日も明け方だったのかなぁ?激しい音を聞きました。夢 (゚_。)? ではなかったと思います。

こんな週末は、外岩クライミングは厳しいのかなぁ ?(__!)?(!__)? なんて思っていました。しかしながら、天気予報をみると、お昼以降は晴れマーク且つ西風もそこそこ吹きそうな予報でした。これなら登れるのでは (゚ー゚*?)

予定より遅れましたが、お昼過ぎに伊豆大仁・城山南壁に到着しました。久しぶりですねぇ。何時以来なんだろうか?2011.6.25 日以来のようです。梅雨の頃ですね。も~反対したのに (  ̄っ ̄) 南壁に行ったと ヾ(  ̄▽)ゞ 書いてありました。既に反対した理由は忘れていますが o(^▽^)o

今回は(も)マルチピッチルートをトライするために、南壁にやって来ました。

Jho-Yama nanpeki 2011Oct16 2

お昼過ぎの南壁です (写真→) ガラ~ン、誰も居ません。南壁のマルチピッチはシーズンとも成れば混んでいることが多いので、今回はラッキーでした。予想していたよりも岩の状態は良さそうです。これなら朝から登れたかもね?

Jho-Yama nanpeki 2011Oct16 4

南壁バトルランナー (5.10a) 2ピッチ目までmリード
時間もあまりなかったので、核心部が終わる2ピッチ目まで登って、下りることにしました。実は前回南壁に来た時 (2011.6.25) もバトルランナーを登る予定でした。しかしながら、1ピッチ目・とんとん拍子 (5.8) の終了点が、リング付ハンガー1つだけになっていたので、登ることを諦めて、下りてしまいました。今回はオアシステラスの木にてピッチを切ることにしました。

1ピッチ目:とんとん拍子(5.8) mRP

このルート何回登っても(5.8)とは思えない難しさがあります。下部のスラブ・中間部のハング越え・上部のランナウトと楽しめます。

2ピッチ目:サステンロック(5.10a) mRP

核心部のピッチです。下部はホールドは有るので焦らず探すことが重要です。核心部はハング越えです。ダイナミックに左手突っ張り→左足・右足を左側に上げる→怖がらず右手を上げる→右足をハング下部にあげる→左足をあげる→左手・右手を上げ→最後はダイナミックに右足を上げる。ポイントは焦らずホールドを探すことかなぁ?

人気ルートだけあって、核心のハング越えは楽しいと思います。また、チャンスがあれば登るかも?

Jho-Yama nanpeki 2011Oct16 3

とんとん拍子(5.8)の終了点はこんな感じでした☝︎

*メモ:今回は60mシングルロープを使用しました。オアシステラスで1度ピッチを切り、2ピンチ目はハングを越えて本来の終了点までダイレクトに登りました。

懸垂下降時の注意:60mシングルロープだと、2ピッチ目終了点から1ピッチ目終了点(とんとん拍子の終了点)までは何とか下りられそうな距離でした。オアシステラスから離陸ポイントまでも、ギリギリ問題無しでした。今回の懸垂下降はオアシステラスで1度ピッチを切り、懸垂2回で離陸ポイントまで下りました。

Jho-Yama nanpeki 2011Oct16 5

フレンチフェイス

ハートルート (5.10d) TR

サクサクッと登って・・・と思っていたけれど、離陸のムーブが雑になりすぎた。上部核心部のムーブはほぼRPした頃から同じだが、今回、右足の位置が今までよりも低い位置から右手クラックに届くことが分かった。

17時頃には岩場を撤収。時間は短かったですが、いろいろと収穫(含む反省点)があったクライミングでした。

活動内容Nzk・Tortoise、ロープを掛けた(掛けてもらった)ルート:バトルランナー (5.10a)・ロンググッドバイ(5.10b)・ハートルート(5.10d)、Nzk君はロンググッドバイ(5.10b)をmRP、Tortoiseはバトルランナー (5.10a) 2ピッチ目までmRP